即効性のあるイソフラボン

植物性のポリフェノールの一種で、女性ホルモンに似た構造になっており健康や美容などに非常に効果が高いと言われているイソフラボンですが、実は大きく分けて2種類存在しています。
その2種類とは「グリコシド型」と「アグリコン型」の2種類になっています。
グリコシド型は、糖と結合した状態のもので低吸収になっていて、吸収率は2割程度で吸収までにかかる時間も7時間前後ひつようとされています。
アグリコン型は即効性の高い高吸収型になっていてグリコシド型と違って糖と結合されていないので吸収が早く即効性が高くなっています。
吸収率はグリコシド型の3倍以上と言われていて時間も2時間ほどと言われています。
グリコシド型のイソフラボンは豆乳や納豆などのほとんどの大豆食品がこの形で含まれています。
アグリコン型は大豆食品の中では味噌だけに含まれている形になります。
イソフラボンの摂取量は30mgまで等と言われていますが、これはアグリコン型に換算しての場合なのでサプリメントなどで摂取する場合には型にも注意が必要です。
即効性の高いアグリコン型イソフラボンを食品で30mg摂取するには味噌汁に換算すると10杯ほどになるので、サプリメントを活用するのが現実的です。