エストロゲンにそっくりな働きをするイソフラボン。

エストロゲンというのは女性ホルモンの一つで、女性の美容と健康にとって、とても大切なホルモンです。
月経を起こしたり、妊娠に備えて子宮内膜を厚くしたり、肌の水分量を増やし美肌に導いたり、女性らしいグラマーな身体を作ったりするうえで重要な働きをします。
しかし、エストロゲンは一生のうちでたったティースプーン一杯分程度しか体内に分泌されず、中年期以降は加齢とともに分泌量が減ってきてしまいます。
そこで注目したいのが、エストロゲンとそっくりな化学構造式をしているのがイソフラボンです。
このイソフラボンは豆腐、豆乳などの大豆製品の中に豊富に含まれており、体内に摂取するとエストロゲンと同じ働きをしてくれる成分なのです。
エストロゲンの減少による月経不順、更年期障害、肌荒れなどにはイソフラボンを摂取することで正常に保つ効果が期待できます。
イソフラボンは大豆製品を食べることで手軽に摂取できるので、毎日継続して40mgから50mgを目標にして摂取すると良いでしょう。
納豆なら1パック、豆腐なら半丁がこれにあたる量です。
多少多めに摂取しても体内から排出されますが、長期間過剰に摂取してしまうとガンのリスクが上昇し、ホルモンバランスが崩れて月経不順が悪化したり肌荒れを起こしたりするので注意が必要です。